不動産投資におけるハードルの一つ、不動産融資のコツとは?

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s 「不動産投資を始めたいけど、融資が必要。」

「手持ちのキャッシュはなるべく残して、融資を最大限活用したい」

「でも、何をどうしたらいいのかわからない」

そんなお悩みの方向けに、このページでは融資について焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

不動産融資とは?

不動産融資とは、投資用マンション、一棟アパートなど投資を目的とする不動産を担保にして、金融機関から購入資金を融資で調達することを言います。

多額の資金が必要となる不動産投資において、ハードルのひとつになっています。

金融機関は融資をするかどうかの判断にあたって、どこを見ているのでしょうか?

ポイントを抑えるだけで、融資の成功確率には差がついてきます。そのポイントを一つずつ押さえてみましょう。

金融機関が見ているポイントは大きく2つ。

金融機関が見ているポイントはずばり大きく2つあります。

それは、物件評価とお客様の属性です。

①物件評価

物件評価とは、融資の返済が滞った場合に銀行が物件を売却できる価格のことを言います。

その内訳は下記のようになります。

物件評価=積算評価+収益評価

積算評価とは、土地の評価額と建物の評価額を合算したものになります。

収益評価とは、対象となる不動産が将来生み出すであろう純利益と現在価値を総合した評価のことを言います。

②お客様の属性

属性とは、問題なく融資の返済をしていただける安心材料です。

具体的には、以下のような項目があります。

勤務先、勤続年数、年収、自己資金、保有資産、借入れ状況等

 

金融機関によって審査基準は異なりますし、同じ金融機関でも、支店や時期によって判断が変わる場合があります。

また、融資担当者によっても収益不動産融資への積極性が異なります。

さらに、ご家族の状況や資産背景、肩書き等、プラス査定になる材料をどれだけ出せるかということも、融資条件や審査スピードに影響を与えます。

間違った融資の利用をしない!

自己資金の使い方や取得する物件の順序、時期を間違えると、将来の融資や資産を増やすことに悪影響となってしまう場合があります。戦略的に融資を活用することで、よりスムーズに資産を増やしましょう!

 

サイトワンでは、不動産投資・賃貸経営を始めるにあたって必須となる不動産融資に関する相談も承っています。新潟の金融機関の情報にも詳しいので、お気軽にご相談ください。

実際の物件や、あなたに合わせた投資プランをご案内します。”まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお問い合わせください!

  • 「投資の教科書」無料プレゼント:「無料」お申し込みはこちら
  • 個別相談会:「無料」お申し込みはこちら
025-211-3010